6月11日ちばぐりーふの会、開催報告

未分類
06 /19 2018

台風5号の影響で風雨が強い日でした。

特に会場のきぼーるの周りは、

ビル風のせいもあり傘が差し難い状況でした。

そんなお足元が悪いにもかかわらず2名の女性の方がご参加でした。


 illust1050.png この日、お話しくださったお話しから、一つご紹介します。


「小さい頃から、妹に比べると母から愛されていない」

と感じていたのを、介護をしていたお母さんに話されると、

「そんなことないよ、二人とも好きだよ。差別したことないよ」とおっしゃられたそうです。

そして、「母の遺品を整理していたら、そんなことを書いたメモが見つかった」とこと。

この話を聴かれたもう一方も、

「私も二人姉弟で、同じ感じがしていた。今まで誰にも話したことがなかったけど」と。


今まで語られることのなかったことが、仲間の話から語れる様になる。 

「分かち合い会」の雰囲気・場の力を感じました。


初めは緊張感がいっぱいの様に見えたお二人ですが

お話をして、聴いて、お帰りのころには笑みも見えていました。


外の強い雨風も、帰りの頃には小雨になっていました。

illust464.png

次回のぐりーふさぽーとの会は

7月9日 午後2時~4時

千葉市きぼーる11階 ボランティア活動室

参加費 300円

予約は、必要ありません。

グリーフサポートの講習を受けたスタッフが

安心して語り合い、聞き合える場を提供しています。




スポンサーサイト

5月14日 ちばグリーフサポート開催報告

未分類
05 /23 2018
 4月末から暖かい日があったり、寒い日があったりしています。
そして、今日は朝から晴れた暖かいというより、暑い日でした。
 体調維持が難しい日が続いています。
 tsutsujiB002.png
 今日のご参加は、女性3名と、男性1名の4名の方々でした。
なかには大切な方を亡くされてから学びを深めようと、
上智大学グリーフケア研究所で学んでいる方、
千葉大学の大学院で看護学を学んでおられる方もおられました。

 また、「ここ(ちばグリーフサート)は以前から知っていたが、
来るまでに1年位かかった。今日も下まで来たけど、11階まで上がって
入ろうか入るまいか迷っていた」との方。
 「電話で問い合わせて、ここを紹介されて仕事を休んで来た」との方はじめ、
皆さん、緊張感が一杯のご様子でした。
 でも、大切な方に寄り添っていた時から今までの気持ちを語り、
他の方々のお話を聴くうちに、いつしか緊張感も取れてきておられました。

8829.png ご参加の皆様には、大切な思いをお話下さり有難うございました。
 ちばグリーフサポートは予約がいりません。
ご都合のよろしい折にご参加ください。
 スタッフ一同ご参加をお待ちしております。

4月のグリーフサポート

未分類
04 /15 2018
桜の花が終わり、
ハナミズキの白い花ピンクの花が、
新緑の葉の間に美しい頃合となりました。
月9日(月)はお天気の良い日でしたが、
時折前に進むのが難しくなる風の強い日でした。
今日のご参加は、娘さんを亡くされた男性と、
2回目参加の女性、上智大学グリーフケア研究所からの
3名でした。

今日は、皆さんの簡単な自己紹介の後、
初めてご参加になった男性からの、
何度か「場違いじゃぁないかな」と、他の参加者に気を配りながら、
突然の病気で亡くなった娘さんへの
悲しみの話が中心になりました。
image003.png
『ちばグリーフサポート』は、大切な方を亡くした悲しみ、
体験や気持ち・思いを話し、聴いて、気持ちを分かち合う会です。
ご遠慮なく十分にお話ください。

一度だけでなく、何度でも悲しみ・思い出を話し、
すこーしずつ、悲しみの荷を軽くしてみませんか。

皆様の、またのご参加をお待ちしております。

次回のグリーフサポートの会は
5月14日(月)午後2時~4時
千葉市きぼーる11階 ボランティア活動室
参加費 300円
予約は不要です。


ちばぐりーふ2018年の予定

未分類
02 /07 2018
 2018年開催予定

12月のグリーフサポート

未分類
12 /21 2017
12月11日のちばグリーフサポートの報告

12月11日は青空が綺麗な日で、
落ち葉を舞わせている強い風が冷たい日でした。
今日のご参加は、初めての女性2名に、
グリーフケアやスピリチュアルケアを学んでる方3名の、
5名の方々でした。
 
winter-back021.png
ご子息を最近亡くされた方は、
芸術的才能もお持ちだった様で、
スマホに残っている絵や動画を紹介してくださいました。
 
社会福祉関係のお仕事をされている方は、
「支援していた方が亡くなったが、
『支えていたつもりが、支えられていた』ことに気がついた」と。
でも、「仲間内で(悲しみを)語り合えない」と。
そして、「福祉関係者間での(悲しみを)分かち合える処があれば」とも。
 
ご参加の方々に、参加されての感想をお聞きすると
「自分だけが辛いと思っていたけど、話を聞いて励まされた」
との方もありました。
 flower4222.png
ちばグリーフサポートは
毎月第2月曜日に開催していますが、
祝祭日はお休みとさせて頂いてますので、
次回は
2018年3月12日(月) 午後2時~4時
千葉市きぼーる 11階
参加費 300円(予約不要)
ご参加をお待ちしております。

ちばぐりーふ

悲しみの体験を語ることで、贈り物へと変えるというナラティブアプローチ。
私たちは、その深い悲しみの物語に静かに耳を傾けます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。