4月10日、グリーフの会(死別の分かち合い)

4月10日は暖かい日でした。

sakura-border002.png

街中の満開の桜は、春を目で楽しませくれています。
いよいよ春本番のようです。


今日は3名(男性1名、女性2)の方が参加されました。

初めに自己紹介で、皆様の体験を簡単にお話し頂きます。
お話になりにくい時には、パスされることも可能です。

亡くされた方、亡くされてからの期間・状況などは異なりますが、何年経っても思い出されて、悲しさは尽きることがないようでした。

普段の生活では、喪失の悲しいお気持ちを「周りの人に話しできない」ようですが、今日は存分にお話ができ、分かち合えたでしょうか。

大切な人を亡くした者同士、悲しみを分かち合うことにより、ひと時でも癒して頂けおれば幸です。


flower1225.png


ちばグリーフサポートは
毎月第2月曜日に開催しております。
次回は5月8日(月)です。
ご都合がよろしい折にご参加下さい。

スタッフ一同お待ちしております。

grief201704.jpg



スポンサーサイト
未分類 | 10:41:19 | コメント(0)
3月13日 ちばぐりーぷサポートの会開催しました
3月13日
日中雨の予想があり、暖かさに馴れた体には少し肌寒い感じのする日でした。
そのせいか、参加者の方はなく、スタッフ4人での分かち合い会を行いました。

自身のこと、また家族のことなど話すうちに、普段はあまり話さないより深い想いをも語りあうことができました。
botan-071020-ic4.gif
来週はお彼岸。寒さも一段落でしょうか。
桜の開花も近づいてきています。

来月の開催は4月10日(月)です。
皆様のご参加をスッタフ一同お待ちしております。
尚、スタッフには男性もおりますので、
男性の皆様のご参加もお待ちしております。




未分類 | 15:31:32 | コメント(0)
2月のグリーフサポート
今年はじめての『ちばグリーフサポート(分かち合い会)』を、2月13日に行いました。
 朝晩はまだまだ寒い日がありますが、立春も過ぎ、日中の陽の光に暖かさを感じてきました。
 flower_ume.png
 今回のご参加は、男性1名に、女性3名の4名の方でした。
 なかには、病院の看護師さんからの紹介で、参加された方もいらっしゃいました。
 
みなさんのお話に今日も多くのことが心に残りました。
その中から幾つかをご紹介します。
 
一つは、亡くなった方の「お骨を何時までに納骨しなければいけないのか・・・」ということ。
しばらくはお骨を自宅に置いて、ゆっくり悲しみたい・・・」。
「散骨を考えていたけど」との方は、「幾らか日にちが経って考えると、何時でもお参りが出来る様にいずれはお墓に・・・」とのことでした。
 
大切な人との想い出では、指輪や写真などや、亡くなった方に「似ている人形をバックに入れて、いつも一緒に出掛けている」といったお話がありました。また、「実家に行くと、(亡くなった方の)匂いがする」と、家に染み付いた匂いに癒されているとのお話もありました。
 
お二人であちこち旅行された方は、スマホに残る記念の写真を懐かしそうに見せて下さいました。
 
ご参加の皆さんには充分にお話いただけたでしょうか。 亡くされた方のお話をされるうちに、想い出に胸が詰まり、涙が滲んでこられた方々もありました。 
この場は誰への気兼ねなくご自身のお気持ちをお話頂けるように心がけています。 
今まで、何処でも、誰にも話せなかったことの一部でもお話頂ければと思います。

今回も、大切な方との貴重なお話を聞かせて頂き、ありがとうございました。
 
tsukushi.png次回は・・
3月13日(月) 14時~16時 きぼーる 11階 ボランティア活動室
参加費 300円 
予約等は、必要ありません。



未分類 | 11:53:35 | コメント(0)
2017年開催予定
12月も半ばを過ぎ、街行く人々の後ろ姿もなんとはなしに気ぜわし気な季節になりました。

今年の「ちばぐりーふさぽーとの会」は、12月12日で終わりました。
来年も、毎月第2月曜日、午後2時~4時、千葉市きぼーる11階(ボランティア活動室)にて開催します。(参加費300円、予約はいりません)
グリーフ2017 

             


未分類 | 15:37:00 | コメント(0)
12月のグリーフサポート
016年12月12日(月)に、20回目のちばグリーフサポートを開催しました。当日は青空が美しく、温かい日でした。
参加された方は、2回目の参加の方と、初めてご参加の方の、女性2名でした。
shikuramen.png 
会は、3つのお約束
*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
 ・自分のことを、自分の言葉でお話しましょう。
 ・他の方のお話は、評価しないで聞きましょう。
 ・ここでのお話は、個人情報が含まれますので、この場限りにして、 他の処でお話にならないでください。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
の確認後、皆さんからの簡単な自己紹介で始まりました。

お二人の体験・想いのお話が進むうちに、余りにも突然の病気による別れであったことや、先輩体験者の今迄の体験・想いが、初めてご参加の方の体験・想いと重なる処が幾つもあるようでした。
もちろん、ご家族間での悲しみかたの違いや、体験・想いなどで異なる処もありました。

二回目ご参加の方から、
「家に閉じこもってばかりいないで、前回聞いた、『教育(今日、行く処)』と『教養(今日、用事がある)』の実践を始めた」。そして、「昨日散歩に出たら、空が青くて綺麗だった。(お昼の)空の白い半月が綺麗だった」と。

ちばグリーフサポートでは 、安全・安心の場でお話が出来る様に務めています。
同じ様な体験者同志のお話から、体験・想いの軌跡が、ご自身の歩んで来た途を思い起こし、また、これから歩むであろう途を思い巡らすこともあるかもしれません。

ご参加の方々には、日々暮らしていく何かヒントの様なものでも掴んで頂けたでしょうか。
winter-house004.jpg 
ちばグリーフサポートは
来年1月はお休みさせていただきます。
次回は、2月13日(月)に開催いたします。






未分類 | 14:31:00 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad