fc2ブログ

5月8日(月)ちばグリーフサポート 報告

未分類
05 /14 2023

 昨日夕方からの強い雨は、お昼ごろにあがりましたが、

暖かさに慣れた体には、少し肌寒さを感じる様でした。


 今回は、4人の女性の方の参加で、

初めての方が2人、他の2人は何回目かの参加でした。

 

 お話の中から幾つかをご紹介します。

22713975.jpg

 お兄さんを若くして亡くされた方は、

「両親とは、兄のことで話が出来ない。子を亡くした親の気持ちを

考えると辛い」、「20年経ったのに、何もできない自分がいる」。


 幾つかの難病を抱えていたお母さんが急逝された方は、

「近くに住んでいたけど、子育てと共働きでバタバタしていて、

優しい言葉が掛けられなかった。もっと一緒に色々したかった」。


 7年間同居して介護したお母さんを亡くされた方は、

「コロナで別々にされ、死に際も見られなかった。お骨も拾え

なかった。何もしてあげられなかった」。

「認知症になり、話せなかったけど、居てくれただけでも・・・」。


 参加されての感想では、

 「いろんな方の話が聴けて、少し心強さを感じた」、

 「ネットで調べて来た。無理して来てよかった」、

 「何年経っても悲しさは消えないと思った。

  それが分かっただけでも良かった」など。

786956.jpg

次回は、2023年6月12日(月)の開催を予定しています。

 なお、感染状況によっては中止することもありますので、

当ブログでご確認いただくか、下記にお問い合わせ下さい


∞∞∞ ちばグリーフサポート ∞∞∞

問合せTEL:090-6475-4871



スポンサーサイト



4月10日 ちばグリーフサポート の報告

未分類
04 /16 2023

今年は暖かくなるのが早く、

早く咲いた桜花は雨風に散らされ、新緑の若葉になりました。

leaf0249.jpg

今回は6人(男性1人女性5人)の参加でした。

お話の中から幾つかをご紹介します。


 末期がんで弱って行くパートナーを2年半看病された方は、

「よくやってくれたと、感謝してくれていたけど・・・」と。


 ママ友を亡くされた方は、コロナ禍でお見舞いができず、

「お別れの手紙を、お棺に入れさせてもらえた」と。


 「日々写真に向かって、話しかけている」方々には、

大切な方からの声が、聴こえてきているでしょうか?


参加されての感想では、

 「職場で、話せない話」や、「家族にも言えないこと」が

話せた方々ばかりでなく、「話して、思いっきり泣けた」方も。


 また、「色々聞かせてもらって良かった」、

「状況や見送り方は違うが、共通なのは大切な方を亡くしたこと」

など。

suzuran005.jpg

次回は、2023年5月 8日(月)の開催を予定しております

なお、感染状況によっては中止することもありますので、

当ブログでご確認いただくか、下記にお問い合わせ下さい


∞∞∞ ちばグリーフサポート ∞∞∞

問合せTEL:090-6475-4871

3月13日 ちばグリーフサポート の報告

未分類
03 /20 2023

お昼前には雨かな?と感じる程度でしたが、

『分かち合い会』が始まる頃には本格的な雨になりました。

23605588.jpg

先月に続いてお足元が悪い中、

7人(男性1人女性6人)の参加で、内3人が初めての参加でした。


大切な方との思い出では、

コロナ禍に関わらず、病院側の配慮で面会が出来た方は、

『母の顔に手を当てて、語りかけたり歌を唄ったりした。

それから4時間看取った。死に方を教えてくれた』


入院して2週間でご主人を亡くされた方は、

『一緒に「白鳥の湖」の音楽を聴いたとき、

反応して、夫がニコッと笑った』と。


旅行の時の写真に、『行ってくるね』『ただいま』と、

語りかけている女性は、『少し気持ちが落ち着いてきた』。


参加しての感想では、

『いろんな話が聞けて、涙ばかり出てきたけど、来て良かった』や、

『ここで

故人のことを話すのも供養かな』

『皆さんの話を聞いて、少し先が見えてきたかな?』など。


会が終わり帰る頃には、雨は上がっていました。

23601457.jpg

次回は、2023年4月10日(月)の開催を予定しております。

なお、感染状況によっては中止することもありますので、

当ブログでご確認いただくか、下記にお問い合わせ下さい


∞∞∞ ちばグリーフサポート ∞∞∞

問合せTEL:090-6475-4871

2月13日 ちばグリーフサポート の報告

未分類
02 /20 2023

今日は雨の降る寒い日で、お昼頃から大粒の雨になりました。

そんな足元が悪い中、5人(男性2人、女性3人)の参加でした。


今日の参加者さんのお話から幾つかをご紹介いたします。

illust112.png

お母さまを在宅で介護された男性は、点滴の交換など自分でされ、

「最後の会話は出来なかったが、看取りが家でできて、

この5年間が幸せだった」。


ご主人を家で看取られた方は、「自分の具合が悪くなった5年間

ほど、家のことをして、自分の話を黙って聞いてくれた」。

「最近は、 見守ってくれている様に思えて、飾っている写真に

『行ってきます』、『帰ってきました』と、声掛けをしている」。

緊急搬送されて直ぐに亡くなられたお母さまに、感謝の気持ち

を伝たえられなった女性は、「母のお棺に感謝の手紙を入れた」。

 参加されての感想では、

 仏壇に陰膳をして、向かい合って食事をしている男性は、

「同じような境遇の人と話が出来てよかった」。

 また、若いご子息を亡くした時支えてくれたパートナーまで亡く

された方は、「話せる人がいないので、色々話せて良かった」など。

illust875.png

次回は、2023年3月13日(月)の開催を予定しております。

 なお、感染状況によっては中止することもありますので、

当ブログでご確認いただくか、下記にお問い合わせ下さい


∞∞∞ ちばグリーフサポート ∞∞∞

問合せTEL:090-6475-4871

2023年開催案内

未分類
02 /03 2023
ちばグリーフサポートの会、23年の開催予定です。
予定は、変更になることがございます。
ご参加を希望される方は、事前に「ちばグリーフサポートの会」までご連絡くださいますようお願いいたします。
ぐりーふさぽーと2023予定

ちばぐりーふ

「ちばぐりーふさぽーと」は
NPO法人千葉県東葛地区
生と死を支える会の
千葉支部です。