FC2ブログ

4月のグリーフサポート

未分類
04 /20 2019
4月8日 午後2時~4時まで
ちばぐりーふさぽーとの会を開催しました。
参加者7名。
朝から曇り空。桜の花の盛りが過ぎたころにしては、花寒以上に寒い日でした。


友達が多かったご主人は「いつも写真の真ん中にいた」
奥様に「行ってくるよ、帰ったよ」の声をかけられなくなったけど、一緒に出掛けている感じがする」
看取りの時は「子どもと二人で、主人の手を握って・・・」
sakura027.png
ご参加の皆さんは、大切な方のことを思い出し
涙をいっぱいに溜めておられました。

会が終われば、外は小雨。
夕方には雷雨になったようでした。

ちばぐりーふの会は
大切な方を亡くされた方集い
聴き、語り、分かち合う場です。

次回は
5月13日(月)午後2時~4時
千葉市きぼーる15階
参加費300円
予約は不要


スポンサーサイト

3月のグリーフサポートの会

未分類
03 /17 2019
3月11日(月)午後2時~4時、ちばぐりーふさぽーとの会を開催しました。
今回から会場が15階に変更。部屋からは広々とした房総の遠景、廊下からは千葉港が眺めることができました。
この日は、東日本大震災が起きてから8年目。
館内放送の呼びかけで、2時46分に1分間の黙とうを行いました。

参加者5名(男性1名、女性4名)
みなさん初めてのご参加でしたが、自己紹介で涙があふれた方時、お隣に座っていらっしゃった方がそっと肩に手を添えていらっしゃたのが印象的でした。

ご家族がベッドで起き上がれなくなった時「抱きしめた」

街を通っていると、あちこちで家族のことが思い出され「泣きながら自転車に乗っている」とのこと。「いい思い出と感謝で一杯」とも・・・

「家族の前で泣けないから、泣ける場所を探して、車の中で泣いている」

故人の『元気だしな!』が心に残っている方は、「楽しかった思い出を、ノートに書き出している」とのこと。

大切な方を亡くされた悲しみで、涙・涙・涙の会でした。

朝方、強い風と雨が降っていましたが、
帰り道には、南東の空に三日月が見えていました三日月と星

ちばぐりーふさぽーとの会は、大切な方を亡くされた方々が集い、聴いて、話して、心の痛みや悲しみを分かち合う会です。
次回は、4月8日(月)午後2時~4時
千葉市きぼーる15階
参加費 300円
予約は不要。


『ちばグリーフサポート5周年記念講演会』終了の御礼

未分類
01 /20 2019
ちばグリーフサポートは2015年から始めて、今年5年目を迎えました。

5周年を記念した講演会を先にお知らせの通り、1月19日(土)に無事開催することができました。

これは、「医療福祉ネットワーク千葉」様はじめ、「千葉医療センター」様及び
関係各位の皆様のご支援に加え、
講師を務めて頂いた、山崎 章郎先生、水野 治太郎先生のご厚意に負うところが大きく、
関係各位の皆様に御礼申し上げます。

また、多くの皆様には、お忙しい処ご参加頂き有難うございました。

気のつかない処や、不手際もあったかと思いますが、素人集団の企画・実施として、
ご寛容頂き、ご容赦願います。

まずは、御礼まで。
bara0144.jpg

12月のちばぐりーふさぽーとの会

未分類
12 /20 2018
12月12日 午後2時~4時 グリーフサポートの会を開催しました。

今日のご参加は、4名(男性2名、女性2名)で、
二人の男性は何度かお見えの方でした。

今日もこころに残るお話を幾つも聞かせて頂きました。
siku-ric1.gif
 
伴侶を亡くされた方々では、
「最後の2週間、病院に泊まり込んで看病した、最後の苦しそうな時のことが思い出される」
「仕事をしていても、張り合いがない」との方も。

「食事を摂れない時もある。眠れないことも。こころの底が抜けたような・・・。
この悲しみは一生涯続くのかな?」との方は、
医師から『燃え尽き症候群です。同じ体験をした人の話を聴いた方がいい』と言われ、
“ちばグリーフサポート”に来たと。

義妹を亡くされた方は、弟さんご家族の長い病院通いを支えてきて、
今の弟さんから、「大波小波を乗り越えて、悲しみとは別の自分(弟さん)の柱が
傍に出来上がって来た感じがする」と。
00000244.png今年もご参加の皆様の想いをお聞かせいただき有難うございました。
ちばぐりーふさぽーとの会は、大切な方とのお別れの胸の内を安心してお話いただける場です。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

次回は、3月11日(月)午後2時~4時
千葉市きぼーる15階 ボランティアセンター活動室
※会場が、11階から15階に変ります。

お知らせ
1月19日(土)5周年記念講演会を開催します。
ぐりーふさぽーと5周年記念講演



11月のぐりーふさぽーと

活動報告
11 /22 2018
11月12日 ぐりーふさぽーとちばを開催しました

朝晩は寒く、日中は動き回ると少し汗ばむ、
暦通りの頃合いになりました09.png

今日のご参加は4名(男性1名、女性3名)。
うち、3名の方は初めてのご参加で、
「千葉市での分かち合い会をネットで探して」という方や、
「あんしんケアセンターで紹介されて」との方もありました。

今日も普段話せない想いを色々聞かせていただき、
多くの事が心に残りました。 

「空いた時間に何かしなくちゃという気持ちがあるが・・・、
何にもやる気が湧かなかったのに、ここに来れた。
少しずつ、気持ちの切り替えができて来た」

「始めは寝られなかったり、眠りが浅かった。
最近は睡眠、食事が摂れる様になったけど、こころの方が・・・
でも、苦しくなってくると、『そんなんじゃぁだめよ!』と、妻の声が聞こえる」。

「母の友人が、自分のことを気遣ってくれる」
「落ち込んでいるとお子さんから『バーバーに怒られるよ』」と
人の繋がりを残して下さったお母さんへの感謝の気持ちをお話くださいました。

poinsettiaA002.png12月のぐりーふさぽーとちば
 
12月10日(月) 午後2時~4時
千葉市きぼーる11階 ボランティア活動室
参加費 300円
申し込みは不要




 













ちばぐりーふ

「ちばぐりーふさぽーと」は
NPO法人千葉県東葛地区
生と死を支える会の
千葉支部です。