FC2ブログ

ちばグリーフサポート 特別講演会のお知らせ

お知らせ
07 /25 2019
10月26日(土)作家・評論家の柳田邦男氏をお招きして、特別講演会を開催します。
参加は無料ですが、事前のお申込みが必要です。
詳しくは、チラシをご確認下さい。

gruefe_yanagidaomote.jpggruefe_yanagidaura.jpg
スポンサーサイト



7月のちばグリーフサポートの会、報告

未分類
07 /16 2019
朝方は鈍よりとした曇り空で、少し肌寒い日でした。
お昼頃からは青空も少し見え始めていました。

今日は、4名の女性の方がご参加で、
内2名の方は先月に続いてのご参加でした。

なかには、カウンセラーの方から、
ここ(ちばグリーフサポート)を紹介されてとの方もありました。

今日のお話からいくつかをご紹介します。

突然の病気で亡くされた方は、
「何で? 人間ドックでも、どこも悪い処はなかったのに・・・」と。

「まだ四十九日(法要)も、納骨もしていない」との方は、
「お寺さんから、『気持ちが落ち着いてから』と言ってもらった」と、
安堵のご様子でした。

帰りの空は青く広がっていました。
hasu021.png
8月の「ちばグリーフサポート」は「海の日」のため
お休みです。

次回の「ちはグリーフサポート」は
9月9日(月)に開催します。


6月のぐりーふさぽーとの会

未分類
06 /18 2019
関東地方は例年より早い5月29日に梅雨入りしたようで、
今日も朝から小雨模様の肌寒い日でした。615.png
そんなお足元の悪い中、6名の女性の方がご参加くださいました。

ご参加の皆様のご体験は様々でしたが、特に印象に残ったのは、
お子様の年代に違いはあるものの、
お子様を亡くされた3名の方々のお話でした。

働き盛りのお子さんの突然の病で、お別れも言えなかった方。

交通事故で、救急治療を受けている時意識があり、話もしていたので、
大丈夫と思っていた青年を亡くされた方。

また、引っ越ししてきてまもなく入院して、
小学生のお嬢さんを亡くされた方は、
同級生のお母さんからの声掛けに、「自分も逆の立場だと、同じ声掛けをしただろう」と、
声掛けの難しさのお話もありました。

今日も、皆さんの大切な方との思い出話をたくさん聞かせて頂き、
ありがとうございました。

分かち合い会が終わって外に出ると雨風が強くなっていました。

7月の「ちばぐりーふさぽーとの会」は
7月8日(月)午後2時~4時
千葉市きぼーる15階 ボランティア活動室
参加費 300円
予約不要
2576.jpg

















5月のちばぐりーふさぽーとの会

未分類
05 /21 2019

5月13日(月) 午後2時~4時leaf0249.jpg 
薄曇りの暖かい日でした。
会場の窓から見える北側の遠景には緑がいっぱいに広がっていました。
 
参加6名(初参加 4名)
薬剤師さんに紹介されてとの方もいらっしゃいました。

「遠くの友達が電話やメール・ラインで連絡をくれる」と、
お友達が気遣かってくださっているご様子を。

「悲しみ方は家族みんな違う。それぞれだ」と
家族でも、死のとらえ方が様々であると、お話下さいました。

喪失の体験を話す機会があり、原稿を書き直すうち
「纏まらなかった話が、だんだんまとまってきた」とも。

一つひとつのお話が、心にしみるひと時でした。

gahag-0094942539-1.png次回は、6月10日(月)午後2時~4時
千葉市きぼーる 15階 ボランティアセンター活動室。
参加費 300円
予約は、不要。


4月のグリーフサポート

未分類
04 /20 2019
4月8日 午後2時~4時まで
ちばぐりーふさぽーとの会を開催しました。
参加者7名。
朝から曇り空。桜の花の盛りが過ぎたころにしては、花寒以上に寒い日でした。


友達が多かったご主人は「いつも写真の真ん中にいた」
奥様に「行ってくるよ、帰ったよ」の声をかけられなくなったけど、一緒に出掛けている感じがする」
看取りの時は「子どもと二人で、主人の手を握って・・・」
sakura027.png
ご参加の皆さんは、大切な方のことを思い出し
涙をいっぱいに溜めておられました。

会が終われば、外は小雨。
夕方には雷雨になったようでした。

ちばぐりーふの会は
大切な方を亡くされた方集い
聴き、語り、分かち合う場です。

次回は
5月13日(月)午後2時~4時
千葉市きぼーる15階
参加費300円
予約は不要


ちばぐりーふ

「ちばぐりーふさぽーと」は
NPO法人千葉県東葛地区
生と死を支える会の
千葉支部です。